13日から今年の秋冬のモードを占う「London Fashion Week」が開催されてます。ここのサイトのコレクション・ショーの模様を撮影した写真を見ていて気づいたことがあったのでメモしておきます。女性の美しい歩き方の参考にもなるので興味のある方はぜひ♪

ウォーキング

「Airaのおもしろ雑学」の“美しいウォーキング”でも“常に両脚の内ももが擦れるぐらいに前後に交差しながらウオーキングする”と紹介してますが、これはその解説を裏付ける写真です。わかりやすいように真正面のカットのみをピックアップしてみましたが、ご覧のように脚を交差するとき膝が内側に寄ってるのがよくわかります。こうすると正面から見たときのシルエットがとてもキレイになります。一瞬ですが接地している方の脚で全体重を支え、全身のバランスをとっています。これは背筋と膝を伸ばしてしっかりと腰に重心を置くことで可能になります。このとき接地している(しようとしている)方のつま先は必ず進行方向か、少し外側に向けるようにしましょう。じゃないとバランスがとれずにかえって歩きにくくなるのでご注意!

ウォーキング(歩行)は足じゃなく腰で歩くのです。つまり、つま先から腰までが脚(legs)なのです。ここがポイントです♪ それから、接地している方の膝(膝の裏を伸ばす)は曲げないが鉄則です。腰で歩けるようになると全身に躍動感が溢れ、今以上に脚を長く見せることが出来ます。お化粧も、ダイエットも、ファッションもそれだけで美しく変身できるでしょうか。私は、そこに女性らしい立ち振舞いや豊かな表情をプラスすることではじめてそれらが活きてくると思うのです。さっそうと歩くモデル・ウォーキングはきっとあなたの美しさをパワーアップさせてくれることでしょう♪ 詳しくは“美しいウォーキング”でどうぞ(#^.^#)♭

■ハイヒールは外反母趾の原因とは限らない!?

- Team Aira -

スポンサーサイト
2005.02.15 Tue l モデル/おしゃれ♪ l COM(0) TB(0) l top ▲